himeroguのブログ

スピリチュアルブログ

あなたの考えが物質を作った(ラムサ)

f:id:himerogu:20210302172156j:plain



物質を作るのは、あなたの考えから始まる。

あなたの考えに感情を合わせる。

すると、光が現れ、振動する。

光の振動数によって、物質が変わる。

光は考えから来る。

考えは神だ。

一つの考えを熟知して、それに感情を合わせるなら、その考えが光として振動する。

その光の動きを遅くして濃縮すると、電気が発生する。

もっと考えを考察し、濃縮して行くと、光の振動が遅くなる。

すると、光は電気を通り過ぎて、
物質となる。

物質は、分子と細胞が結晶して、形状が出来たのだ。

後は、その形状状態を維持するように考えればいい。

物質は、無限速度から出て、その速度を調整して、造られたのだ。

考えが光となり、その光の速度を調節して、物質を作る。

これらのものを創ったのは、あなただ。

あなたの考えと感情が感じたもので創られたのだ。

あなたは光で創られた。

そのあなたが、光の速度を遅くし、物質を創った。

物質は考えの結集だ。

物質の低い振動も神だ。

神の物質と言う別次元だ。

これは化学だ。

この化学は、既にあなたは理解していた。

光の振動を遅くし、物質を凝縮させた。

つまり、融合反応を起こして創造したのだ。

太陽系もこうして創られた。

あなたが熟考して、その計画を拡大させた。

巨大な恒星から、惑星形態が創造され、一定の軌道へ押されて行った。

惑星の回転も一定の軌道へと収まった。

これらの全てもあなたが創った。

あなたの熟考から、計画され、創られたのだ。

これが創られた時の経験から、物質世界が生まれた。

あなたが神聖な存在だと言うのは、
あなたは、始めに創造された光であり、

その光であるあなたが、この全てを創造した、創造主だからだ。

あなたが、存在する全てのものを創造した。

神は宇宙を創造していない。

神は宇宙自体だ。

宇宙を創造したのはあなただ。

思考作用で宇宙を描き、魂で宇宙を感じるように創ったのだ。

感情や考えはあなたの財産

f:id:himerogu:20210302104111j:plain

私達の感情や考えや感覚は、私達の成長の為にあるようです。

嫌な感情や考えが現れると、私達は苦しみ、その感情や考えを排除しようとしたり、

遊びや、お酒などに逃げます。

ですが、私達はその感情や考えを感じきることでしか、
いやな感情や考えから、自由になれないのです。

感情や考えは必ず、両極のものが現れます。

死にたいと感じている時に、同時に生きたい感情が現れてますし、

仕事が上手く行かない不安な感情が現れている時には、上手く行くと言う感情が、同時に現れています。

ですから、
嫌で感じたくない感情を感じてあげれば、

反対側にあった逆の良い感情が現れますし、

嫌な感情からも自由になれるだけでなく、

良い感情が現実となりやすいのです。

考えも同じです。

嫌な考えを嫌がらずに、その考えに寄り添ってあげれば、

反対側に現れていた、良い考えに変わります。

どんな感情や考えや感覚も、感じ切って、認めて、寄り添ってあげれば、
それらから自由になりますし、

後からそれらは、あなたの知恵となり、あなたの力になります。

私達は知恵を得て、自負自身を進化させる為に生きています。

嫌な感情や考えや感覚を感じ切って、
それらから早く、自由になれるなら、

その分、あなた自身を愛せる余裕が出来ます。

あなた自身を充分に愛せるなら、あなたの世界は広がります。

あなたの意識の世界を、拡大させることを目的として、あなたは生まれていますから、

感情や考えや感覚は、あなたを拡大させ、あなたの財産になります。

それこそ、
私達が死ぬ時に持って行ける財産であり、
それが、次の生でも生かされる、あなたの魂に刻まれた、輝かしい知恵の財産となってるのです。

人間が苦しむ理由(ラムサ)

f:id:himerogu:20210301082629j:plain

人間が人間をこんなに、苦しめる理由は何か?

このような世界を創った神は何処にいるのか?

神の愛は何処にあるのか?

神はずっとあなたと一緒にいた。

神はあなたの反映全体であり、あなたのゲーム全体だ。

神はあなたを愛して来た。

どうしてかと言うと、あなたが思うように、現実を体験させてくれるからだ。

そして、その夢を変える自由も与えられているのを、あなたが忘れているだけだ。

あなたは、不幸で悲しい物語を作り上げている。

あなたはあなたの体を壊してる。

あなたの心を隠している。

具像を信じ、人を批判する。

あなたは、審判し、憎悪し、所有し、恐怖し、傲慢だ。

それは、どのような目的からか?

その結末が知りたいのだ。

その結末はどうか?

決して死なず、永遠に生きること、天国と言うものを、理解し、受け入れること、あなたの顔を見ること、それが神だと言うことを知ることだ。

優れているあなた方は、
不安や心配などの考えに陥っているが、
生きてる間にあなたの美しさよりも、
あなたの反映の内側に深く隠して来たゲームより偉大だ。

あなたがどれだけ、偉大で美しい
かを知るなら、
今までのように、憎悪や、批判で、自分を変形させないだろ。

あなたの側に私が来た。

私は、あなたの姿であり、これからもあなたの全体だ。

あなたが既に知っている知識を、思い出させる為に、

そして、あなたがこの先、

自分を失い、罪意識や恐怖から、自分を守る努力を止めるようにだ。

あなたは、それより遥かに偉大だ。

私がどうしてあなたを、それだけ深く愛するか?
それは、あなたが私だからだ。

あなたの全てが私だ。

私が、あなたの想像を、創造させてあげる者だからだ。

唯我独尊である私は、常識を超えた愛だ。

条件も義務もないからだ。

私は単純にあなたを愛している。

あなたがどんな姿であろうとも、私が愛する神だからだ。

神が人間になるまで(ラムサ)

f:id:himerogu:20210228175655j:plain

昔、人間は、
自分自身が神だと知っていながら、数千年間生きていた。

それから少しずつ、自分自身が神だと言うことを忘れ始めた。

神々は、この人間としての遊びに夢中だったからだ。

神々にとっては、この世界で、生きることが全てとなった。

それから、人間は死を恐れ始めて、生存や嫉妬、所有などを経験し始めた。

それから、人間は永遠の生命の力の意識を忘れ始めた。

体は弱くなり、脳の能力も落ち始めた。

能力が減退して、人間には段々恐怖と言う感情が現れた。

恐怖から、人間は体の病気が現れ、その苦痛が始まった。

人間世界の始まりは、偉大な思想から始まったが、体や脳の衰えから、思想も弱くなり制限的になった。

恐怖から始まった生存への執着が始まり、煩悩として残った。

人間が体験した全ては、人間の細胞に記録され、残されるのだ。

神は、自分を表現したい欲望を持って、物質世界へ入って来た。

だけど、人間の肉体的な制限から、逃れられなかった。

人間としての死を迎えた時、神は空間へと入って行った。

その空間は、神意識にも、物質世界にも戻れない所だった。

神はもう、無限の意識の世界へ戻れなくなった。

人間世界の制限と言う意識を持ち続けてしまったからだ。

その神は、この人間世界の遊びが忘れられず、又戻れることを望んだ。

それで神は、自身の種を得て、それで又人間世界に戻った。

神々は、人間世界に深く入り込み、輪廻が始まった。

こうして、この人間世界が神々にとって全てになり、その神性を忘れて行った。

神々は全知全能で無限な知識も、忘れてしまった。

神々は、制限ある世界、制限ある生、制限ある考えだけを経験するのだと、合理化した。

自分には力がないと、考え始めた全知全能だった神々は、

地上にあるエゴに集まり染まり始めた。

自分が一番知っていると言う者が現れた。

それは、宗教となり、それが更に人々を神から分離させた。

力で人を支配しなくても、宗教は人を楽に支配出来た。

宗教は、人を無力だと教えた。

だが人は、永遠の記憶があるのだ。

全ての生を記憶する。

宗教が、神は外側にいて、あなたは悲惨な存在であると、何度も言い聞かされると、その魂の中に記憶される。

それが、数千年間続いた。

数千年間を輪廻しながら、人間は、このような教えを信じて来た。

人々は自分は悪人で、神は外側にいると信じていて、自分は神から見れば、取るに足らない存在だと信じるようになった。

人間が神の道に入れるのは、宗教団体や聖職者となるか、又は神の戒律を守って生きることだと、思うようになった。

人間が、自分自身が真実だと言うことを受け入れなくなった時、

本来の自分の力を諦め、宗教団体を信じ、依存するようになった。

人間は一人一人独特な存在であり、一人一人が独特な冒険をする資格がある。

人間は、人間の体を借りて数千年を輪廻した。

自分が神でないと思っている間は、輪廻するようになっているからだ。

人間として存在している間に、

自分が神だと気づくまでだ。


  ーラムサー



ラムサは3万5千年前の、アトランティス時代の魂で、その時に目覚めた神です。

ラムサは、こうして人間世界に、目覚めを促すべく、娘のチャネラーを通して声をかけています。

誰にも罪はない

f:id:himerogu:20210228094350j:plain

私達は罪はありません。

私達は罪人だと言われたり、自分自身も自分は罪を冒して来たと思っています。

何であの時、あんな事を言ったか?
何であの時、あんな態度を取ったか?
馬鹿なことをした、
悪いことをした、
私は最低だと、

私達は毎日のように、過ぎたことや冒したと思っている、自分の過ちを思い出し、その罪を認めています。

今後は絶対あのような、人を傷つけることはしないと思いながら苦しみます。

ですが、私達に罪などありません。

誰も罪を冒していません。

私達は皆んなが一つですが、それが分離して、今を体験しているのです。

それは、一つでいる時には、体験出来ないからであり、

互いが他人だと信じているから、他人から学べるのです。

私達は分離して、自分だけの宇宙を守り、自分と他人と、全く違う価値観を作りあげて、それぞれに自分が真実だと思っていますから、違いが生まれ、戦いが生まれています。

私達は、知恵を得る為に、自らこのような分離を作り、自ら体験しているのです。

ですから誰も罪を冒していないし、思い出す度に腹が立つその人も、あなたに知恵を与える為に、いたのです。

この世界は、苛立ちや、理不尽だと思える、とんでもないことが、ありふれていますし、

あなた自身のことも時々、自分は変に思えたり、
とんでもない間違った人間のように思う時があると思いますが、

そして自分を詰ったり、もっと良い人間になって、今までの罪を報わなければならないと、思うかも知れませんが、


私達は誰も間違っていないし、誰も罪を冒していません。


私達は知恵を得ているだけですし、
悲しみや苦しみの果てにいても、私達の魂は喜ぶのです。

私達の両親との繋がりは、体を持つ為のものであり、
遺伝的に作られる為にあるもので、

本来の私達は、魂であり、魂の向上の為に生きています。

神が分離し、人間の理解の及ばない世界から、人間界に生まれ、
悲しみの世界を体験しながら、

その苦しみと悲しみから知恵を得ているのです。

幸せな神でいる間は、決して体験出来ないことを通して、神々は成長するのですから、

例えあなたが、誰かを傷つけたとしても、それは、私達が生まれる前に約束して来た、魂の約束通りに演じあっているだけですから、

あなたにも相手にも罪などありません。

嫌なことを言われて、その嫌な感情を感じ切るのが目的なのです。

その痛みや悲しみを感じ切る為に、その感情を知る為に、私達神々は、この世界に来ています。

神の性質に、人間の細胞を合わせ、体を作り、その人間の体が自分だと錯覚しています。

その錯覚を真実だと思い込んでいるから、
私達は学べるのです。

ですから私達には、罪などなく、学びがあるだけです。

誰も罪を冒していません。

舞瞬、舞瞬に起きて来る問題に対して反応し、感じて、学んでいるだけです。

学生が学校で、窮屈な思いをしながら、勉強をしているように、

私達も学んでいるだけなのです。

ですから、私達に罪などありません。

誰も罪を冒していません。

魂の約束通りの役割を演じただけなのですし、

体を脱いだ後は又、一つの愛に戻るのです。

暗号化されてる脳と体(ラムサ)

f:id:himerogu:20210227075045j:plain

私達の脊椎の下に、龍が眠っていると言う話しを聞いたことがありますか?

脊椎の下、脊椎が終わる所に龍のような、蛇を巻いたような形のものが、ありますが、

これは、量子の塊のようなもので、これが目覚めると、人は大変な力を発揮すると言います。

スピリチュアルで言われているクンダリーニを開くってことですが、

これが目覚めると、量子の塊は、脊椎を回りながら上に登ります。

登りながら人のDNAを変えると言います。

爬虫類の脳は、脳間の上にありますが、
その部分に潜在意識があります。

ここが、人の脳のプログラムであり、この部分から、人の現実が作られたり、体にも影響を送るスイッチがあります。

そして、クンダリーニが開き、量子の塊が脊椎を回りながら、脳間へ到ると、全ての体のスイッチが、onになります。

すると、前頭葉に潜在意識が流れ込みます。

これが、クンダリーニ、あるいはチャクラが開いたと、言います。

この量子の塊が中脳に至ると、第6のクンダリーニが活性化します。

視床下部は、中脳から松果体を保護していますが、視床下部は全ての神経の繊維質の集合場所であり、脳と体の変換スイッチです。

クンダリーニが開くと言うのは、潜在意識が、前頭葉に流れ始め、松果体が開くことのようです。

つまり、古代意識や知識が現れ、私達は、自分の潜在意識と出会えるのです。

脊椎の下の量子の塊は、暗号化されていると言います。

私達自身がこのように、自分自身を創造したようです。

人間が夢から覚めるスイッチです。
人間が、この3次元で夢を観て眠っている間は、このスイッチはofになっています。

チャクラが開くと言うことは、このスイッチがonになり、

人間が3次元から目が覚めて、本来の自分を思い出すと言うことなのです。

私達の意識には、二つの次元があり、
私達が始まったゼロポイントと、私達を映し出す鏡の意識ですが、

この二つの意識が一致した瞬間に、永遠の瞬間があります。

磁石の中央です。

それは神に通じるトンネルのようなエネルギーであり、
それを私達は、クンダリーニエネルギーと言います。

私達は人間意識で眠っていますが、 

この二つの意識の出逢い、

ゼロポイント(観察者)と、
行為者(鏡意識)が出逢う時、

私達は全てに目覚め、

やっと神意識に戻れるのです。

脳の設計

f:id:himerogu:20210224084809j:plain

私達の脳は、生まれてから3次元社会の低い振動しか、経験していないのですから、

何でも欲しいものが手に入ると言う事を、信じることが出来ないようです。

私達が単純に、欲しいものを欲しいと願うだけで、

その感覚が宇宙(脳)へ伝わり、
それを感じ取った宇宙は、私達の欲しいものを用意してくれると言います。

宇宙に伝わるのは、私達の感じ、感覚、感性が伝わります。

私達の感じ、感覚、感性が、脳を通して、中枢神経に伝わり、体全体の細胞がイメージとして、受け取ります。

これらは、記憶として記録されます。

記憶とは本質的なものであり、感性(イメージ)です。

私達が感じた感性を、宇宙はイメージで記録します。

そして宇宙は、私達の沢山の記録から、今の状況に似たものを取り出します。

例えば私達が、花を触り、香りを感じて、花だと脳が認識するようなことです。

イメージとして花として記録された記憶から、脳(宇宙)が同じイメージを見つけて、花として認識するのです。

私達の考えは、単純に脳を通して認識されるものではなく、
体全体を通して、イメージとして認識されます。

私達が知っていると思っていることは、全て感覚(イメージ)です。

ですから、私達が望むものも、イメージとして伝えることが望ましいのです。

お金に困っている人が、あれにも、これにもお金が必要なのに、
どうしたらいいか?と考えあぐねている時に、

偶然、お金が入ってくるのは、
この、必要に応じて、私達がイメージを送っていたからなんです。

私達は出来ない体験が多いですが、
花や宇宙の星が光であるように、私達も光ですから、

私達も宇宙と同じ能力があるのだといいます。

豊かな体験がある人が、更に豊かになりやすいのは、
豊かなイメージをしやすいからなんですね。

私達は、
私達が今まで持っている、感性の中に記録されたものからなら、

その全てを引き寄せられるのです。

私達がイメージしやすいものは、
簡単に引き寄せられるからです。

記録されていないイメージも、それを得たい、強く欲求を持ってば、
その欲求が、脳と体の細胞全体の欲求と同一になり、その力で、強く引き寄せるのです。

脳と体全体からの強い欲求は、
実現します。

必ず実現出来ると、思うなら、もっと早く実現します。

その思いが高い振動率となり、宇宙(脳)に、伝わりやすいからです。

私達の脳はそのように設計されてるからです。